小松菜の栄養価やカロリー・効能・旬の時期など徹底解説!栄養価が高く美容効果も!

江戸幕府の将軍様も愛した「小松菜(コマツナ)。その魅力はいかに……?


チンゲン菜などと同じ、アブラナ科アブラナ属の小松菜(コマツナ)。
あまり知られていませんが、収穫せずにそのままにしておくと、とうが立って、アブラナと同じ黄色い花が咲くんです。


その歴史は江戸時代までさかのぼり、アブラナとカブとの交配で誕生しました。
栽培された場所が、東京の江戸川区、南葛飾にある小松川だったことから、小松菜(こまつな)と命名されたそうです。
当時の将軍に気に入られ献上されるほどで、江戸の庶民に親しまれ、今の時代まで愛され続けた食材なんです。


ですが、実は原産地は南ヨーロッパ、地中海沿岸と言われているのにはびっくり。
ヨーロッパから、海を渡り中国に、そこから江戸時代初期に日本に伝えられた「くくたち」という蕪(かぶ)が、どうやら小松菜の祖先にあたるようです。




小松菜(こまつな)の旬っていつ?

小松菜は、冬の野菜の代表選手。
旬は主に12月から、年明けの2月ごろとなっています。


最近ではハウス栽培が盛んなので、一年中スーパーなどで手に入れることが出来ます。
しかし本来は、冬に摂れる野菜なので、小松菜は「冬菜」や「雪菜」何ていう、美しい名前でも呼ばれているんです。


冬に栽培されているものが旬で一番おいしいのですが、初春に出回る「鶯菜(ウグイス菜)」と呼ばれる、色が薄くて若いものもあるんです。
この鶯菜(うぐいすな)も、見逃せない味わいを持っているので、見かけたらぜひ一度試してみてください!


小松菜の名前の由来もあって、生産は関東地域がメイン。
生産高No.1は埼玉県。
さらには、1位〜5位まですべて関東という結果になっています。


小松菜は、とても寒さに強い植物で、1〜2度霜が降りた後のものは、甘みが増して葉もやわらかく、おいしさを増幅させます。


小松菜の栄養価やカロリー・効能は?


小松菜のカロリー

小松菜100gあたりのカロリーは、14kcal。


小松菜は鉄分やカルシウムが豊富!

鉄分やカルシウムの含有量が、ホウレンソウ以上なのをご存知ですか?
鉄は、血液中の赤血球を作っているヘモグロビンの成分で、貧血気味の人は積極的に摂りたい成分です。
小松菜には、ほうれん草の約1.5倍もの鉄分が含まれています。





小松菜に含まれているカルシウムの量は野菜の中でもトップクラスで、ほうれん草の約3倍以上もあります。
カルシウムは肌のキメを整えたり、肌の水分を保ったりと、美容効果もたかいのです。さらに爪や髪を作る成分でもありますので、美を意識する女性の強い味方です。
カルシウムは、神経とも関わりが深い成分です。
脳の神経細胞の働きをコントロールしてくれる作用があり、精神を安定してくれることでイライラの症状を解消してくれます。
その他、カルシウムの効果
・鉄の代謝のサポート
・動脈硬化の予防
・高血圧の予防
・細胞分裂の促進
・物忘れの予防
・骨粗しょう症の予防


ホウレンソウのほうが食べやすいイメージがあるので、人気を二分してしまいがちですが、体への影響を考えるとこまつ菜だって、素晴らしいんです!
どうしても全体的な含有量を見ると、ほうれん草には少し劣ってしまいますが、ホウレン草にも負けない、緑黄色野菜であることには間違いありません。


小松菜は「ビタミン類」や「ミネラル」が非常に多く含まれていて栄養価が高い食材です。
美容効果にも大変よい影響をもたらすといわれています。


小松菜はβカロテンが豊富

β-カロテン」も多く、この栄養素は

  • 抗発ガン作用
  • 免疫賦活作用

これらの効果が高いといわれています。
カロテンは体内でビタミンAに変換され、髪の毛の健康や、視力の維持、粘膜や皮膚の再生・健康維持に役立ってくれます。
喉や肺への影響力もあり、呼吸器系統が弱い方にもおすすめです。


小松菜はビタミンCも豊富!

ビタミンCといえば、美容効果・イライラ解消・風邪対策など、思いつくだけで色々な効果があります。
ビタミンCには「シロチナーゼ」という酵素の働きを阻害し、シミ、ソバカスの原因となるメラニンの沈着を防ぐ作用があり、シミ、ソバカス対策に有効です。アンチエイジング・美肌対策には欠かせないビタミンです。
ビタミンCは実はヒトの体では合成できない物質で、必ず外部から摂取しなければなりません。
ビタミンCが不足すると、イライラしやすくなったり、疲れやすくなる、集中力がなくなる、肌荒れなど、様々な症状が出ます。
その他、
・抗がん作用
・免疫力を高める(風邪予防)
・骨粗しょう症予防
・自律神経を安定させ、ストレスの抑制
・アレルギー症状の軽減
・薄毛改善
など、様々な効果がビタミンCにはあります。



こまつ菜の調理法・保存方法・選び方

おいしい小松菜料理法

普段はどちらかと言えば、ほうれん草を選びがち。
でも実は小松菜はほうれん草よりあくが少なくて、取り入れやすいんです。


炒め物に抜群にあう食材なので、卵やお肉と炒めて食べるといいでしょう。
あくが少ないので、炒め物にする時は、下ゆでの必要はありません。
ただし、火を通しすぎるとビタミンCが壊れやすくなりますので、食感を楽しめる程度にさっと炒めるのがいいでしょう。


良い小松菜選びのポイント

コマツナを選ぶときは、ほうれん草を選ぶときと同じです。
葉の色が鮮やかで濃い緑色で、見るからに元気そうで厚みのあるものがおいしいです。


茎は太すぎるといけません。また白っぽいものも避けましょう。
薄い緑色をしている茎のほうが、カロテンなどの栄養素が多く含まれているので、要チェック!


小松菜を保存するときのポイント

この手の葉物の緑黄色野菜は、すぐに乾燥してしなびてしまいます。
乾燥対策には濡らした新聞紙でくるむのがベスト。
包んだらポリ袋などに入れて冷蔵庫へ。
冷凍保存したい場合は、一度茹でてから、水けを絞って小分けに切り、冷凍することをお勧めします。


■まとめ
美容と健康に抜群の効果を発揮する「こまつ菜」
江戸時代から長く愛されてきただけありますね。


常に私たちの身近にあり、手軽に美味しく食べることが出来る小松菜を、今夜のメニューに取り入れてみませんか?

 


このページの先頭へ戻る