食材の旬の時期や栄養価・保存方法

野菜はどうすれば上手に保存できて長持ちするのでしょう?


野菜を買ったはいいものの、使いきれずに残ってしまった・・・
残った野菜はどうしますか?
保存しますよね。


野菜は保存方法によって鮮度や長持ちする日数がガラリと変わってきます。


特に旬の野菜はみずみずしく、旨みや栄養価がぎっしりと詰まっています。
旬の野菜ほど上手に保存して長く美味しく食べることができます。


このカテゴリーでは

  • ・野菜の旬の時期
  • ・おいしい野菜の選び方
  • ・野菜の上手な冷蔵・冷凍保存の方法
  • ・保存期限(賞味期限)

等をご紹介していきます。


下の野菜一覧から検索していただけます。



野菜一覧

 
あ行

アスパラ ・アボガド

か行

カイワレ
キャベツの保存方法
きゅうりの保存方法
ごぼうの保存方法

さ行

サツマイモ
しそ
しめじ

た行

大根の保存方法
竹の子
玉ねぎの保存方法
旬の玉ねぎの選び方
冬瓜
トマトの旬の時期
トマトの保存方法

な行

なすの保存方法
にんじん
ねぎ

は行

ピーマンの保存方法
ブロッコリーの保存方法
ブロッコリーの旬の時期

ま行

もやしの保存方法

や行

山芋の保存方法

ら行

レタスの保存方法
旬のレタスの選び方
れんこんの保存方法

わ行



野菜の旬や上手な保存方法は?記事一覧

寒い季節になると食べたくなる焼き芋。ところでさつまいもが一番美味しくなるのはいつなのか知っていますか?また選び方のポイントはご存知ですか?ホクホク甘くて美味しいだけじゃなく、食物繊維やビタミンCが豊富で体にも良いさつまいも。さらに美味しく食べるための豆知識をまとめました。さつまいもの旬は?実はさつまいもの旬は2回あります。まずは収穫が最も多くなる9〜11月が1度目の旬です。収穫したてのさつま芋は水...

しめじの旬と上手な保存方法について一般的に「しめじ」として売られているものは “ぶなしめじ” という種類です。「香りマツタケ味シメジ」ということわざが指すしめじは“ホンシメジ”という種類で、私たちが普段食べているものとは異なります。こちらは高級キノコとされていて、市場にほとんど流通していません。今回は食卓でもお馴染みのぶなしめじに関して、見分け方や保存方法をまとめました。しめじに旬はあるの?ブナシ...

森のバターと呼ばれるアボカドの旬と食べ頃の見分け方は?サラダにしたりわさび醤油で食べたり食事の一部として登場するアボカドですが、実は果物に分類されるって知っていますか?「木になるものは果物」という定義があるようです。よく見てみるとお店でも果物売り場に置いてありますよ!そんなアボカドの旬や食べ頃の見分け方などをまとめで紹介します。アボカドに旬はある?アボカドは流通しているほとんどが輸入物のため産地を...

シャキシャキとした歯ごたえと甘味が人気のアスパラガス。私たちが食べているのはアスパラの茎の部分で、同じ株から繰り返し10年近く収穫できるという生命力の強い野菜です。せっかく買ったアスパラが固く筋っぽいとガッカリしますよね。そこで、アスパラの旬と選び方、上手な保存方法をまとめました。アスパラガスの旬は?最近は輸入ものやハウス栽培のアスパラも増え一年中お店に並びますが、やっぱり美味しいのは露地栽培のア...

ピリッとした独特の辛みがあるカイワレ。サラダや料理の彩りなどに使われることの多い野菜です。ひょろひょろとした頼りない見た目ですが実は栄養豊富で、一年を通して価格も安定している非常に優秀な食材です。脇役的な存在のためあまり知られていない、カイワレ大根の見分け方や保存方法についてまとめてみました。カイワレの旬は?カイワレ大根は水耕栽培のため普通の野菜のような旬は存在しません。工場で生産しているため気候...

シソは大きく分けて青じそと赤じその二つがあります。青じそは大葉とも呼ばれ、香りが強く日本のハーブとも表現されます。一方の赤じそは赤紫色で、漬物の色付けやふりかけのゆかりの原料になります。今回はお店で手に取る機会が多い青じそについて詳しく見てみましょう。青しその上手な保存方法青じそは香りが命と言っても過言ではありません。切った状態で保存するとせっかくの香りが失われてしまうので、なるべく使う分だけ切る...

淡白な味わいと柔らかな食感が特長の冬瓜。汁物の具や煮物にして食べることが多い野菜ですが、あまり馴染みが無いという人も多いかもしれません。でも、その歴史は古く平安時代から栽培されている野菜なんですよ。ちょっと謎めいた冬瓜の旬や選び方についてまとめてみました。冬瓜の旬とは?とうがんを漢字で書くと「冬と瓜」ですが、旬は6〜9月と真逆の夏野菜の仲間です。かなり不思議な名づけですよね…なぜ夏野菜なのに冬とい...

味噌汁や冷奴、鍋などさまざまな料理に欠かせない長ねぎ。冷蔵庫に常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。まとめ買いをした時に役立つ上手な保存方法をご紹介します。ねぎを保存するには「立てておく」のがベスト野菜を保存する際ぜひ覚えておきたいのが「畑の状態と同じ姿勢にする」ということです。人参やネギ、アスパラなど立って育つものは、保存の時も立てておくと余計なストレスがかからず長持ちすると言われていま...

お味噌汁や冷奴の薬味として欠かせないねぎ。一年中出回っていますが本当の旬がいつか知っていますか?本当に美味しい時期と見分け方のポイントをまとめてみました。◆ねぎの旬は11月〜2月寒い冬に食べたくなるものと言えば鍋ですが、その名脇役と言えばやっぱり長ねぎです。生では辛いねぎですが、加熱するととても甘くなり柔らかな食感になるのが魅力ですね。冬にはねぎの糖度が上がりより美味しくなると言われています。さら...

春の味覚を代表する竹の子。一度に使い切れなかった時、大量にもらった時、どう保存したらよいのか知っていますか?せっかくの旬の味を無駄にしないように、上手な保存方法を学びましょう。◆タケノコは鮮度が命!すぐに下処理が鉄則水煮の状態ではない生のタケノコが手に入った時、真っ先に行わなくてはいけないのがアク抜きの処理です。生のタケノコは時間とともにエグ味が増し、食感も固くなってしまいます。スーパーなどで買っ...

タケノコといえば水煮のものが1年中手に入りますが、生タケノコの旬がいつごろかご存知ですか?風味や味わいが格段に違う生筍についてまとめてみました。◆竹の子の旬は3月〜4月の春タケノコの旬は3〜4月と短く、季節感を表現する食材として日本料理には欠かせないものとなっています。私たちが普段食用としているのは竹の若い幹の部分で、先端が地面から出かけているものが一番の食べ頃とされています。タケノコの成長はとて...

栄養満点で調理法も幅広くなにかと重宝するにんじんは比較的保存のきく野菜のひとつです。人参は冷蔵だけではなく、冷凍保存もできる便利な野菜です。冷蔵・冷凍、それぞれの上手な保存方法や賞味期限をご紹介していきます。上手な保存方法を覚えて美味しさと鮮度を長持ちさせましょう。◆にんじんの保存のカギは“水分”にんじんは水気が付いていると傷みやすくなりますが、乾燥にも弱い野菜です。そのため湿気と乾燥どちらも気に...

シャキシャキとした歯ごたえが特徴のレンコン。煮物やきんぴらでおなじみの根菜ですね。レンコンの正しい保存方法を知って鮮度と美味しさを保ちましょう!◆レンコン保存のカギは“乾燥防止”レンコンは蓮の地下茎と呼ばれる部分を食用としている野菜です。地下茎とは文字の通り地下(土の中)の茎のことで、蓮の場合は泥の中に伸びています。収穫されるまで常に水中に存在しているため乾燥にとても弱く、保存する時は乾燥しないよ...

サラダには欠かせない葉物野菜と言えばレタスです。あの瑞々しさや、シャキッとした食感を、どのように保存すれば、長く維持することが出来るのでしょう?レタスと言えばどうしても、日持ちの悪さがネックとなる、買うのを敬遠してしまう方も多いはず。でもあのシャキシャキっとした生食の食感はレタスならでは。うまく保存できる方法が分かれば、レタスをもっと食卓に挙げることも可能ですよね。食物繊維が豊富で、美容と健康にも...

レタスと言えば、何を思い浮かべますか?きっと大抵の方が薄い緑色で、まあるい形を想像するはず。でも実はレタスって結構種類があるんです。どんなレタスがあるのか、その特徴や産地、さらには美味しいレタスを選ぶポイントについて、ご紹介してみましょう!レタスの代表的な種類・品種は?その特徴は?代表的なレタスと言えば、冒頭でお話しした丸い形の『玉レタス』です。丸くて結球していて見るからに瑞々しそうな見た目が印象...

血液サラサラ効果に、動脈硬化の予防、コレステロールの代謝を活発に!デトックス効果も高く、美肌効果にも期待が出来る!そんなたくさんの嬉しい効果をもつタマネギ。様々なジャンルの料理や調理法にも合うことから、重宝されている方も多いと思います。もしかしたら他のどの野菜よりも、常に台所に鎮座する率が高いのでは?とまで思ってしまうほど。そんなタマネギの上手な保存方法をご存知ですか?常温、冷蔵、冷凍。どのほうが...

その名前からもお分かりになるとおり、タマネギはネギ科ネギ属の食材。中央アジアを原産とし、日本では江戸時代のころに入ってきました。しかしどうも栽培が始まったのは、少し遅れる明治時代からと言い伝えられています。■たまねぎの代表的な種類・品種は?その特徴は?タマネギは大きく分けると辛たまねぎ甘たまねぎこの2つに分類することが出来ます。皆さんがスーパーなどでよく見かける、丸いコロンとしたフォルムをしている...

ハンバーグの付け合わせやサラダでおなじみのブロッコリー。食用として普及してからまだ日は浅く30年ほどですが、すっかりと日本の食文化にも定着しています。一年中スーパーで手に入るブロッコリーですが、正しい保存方法をご存知ですか?せっかくの栄養を無駄にしないようにしっかりとした知識を身につけましょう。◆ブロッコリーは買ってきたらすぐに加熱が基本ブロッコリーはあまり日持ちのしない野菜です。そのため買ってき...

サラダや料理の付け合わせとして目にする機会の多いブロッコリー。緑色の見た目から太陽をいっぱい浴びて育つ夏野菜かと思いきや意外な季節が旬でした!美味しいブロッコリーの見分け方もしっかりと覚えましょう。◆ブロッコリーの旬は11月〜3月の「冬」ブロッコリーの旬は11月〜3月の「冬」です。というのも、ブロッコリーは涼しい気候を好む野菜です。そのため夏は涼しい北海道、秋から冬にかけては本州や九州で収穫された...

生でよし、煮てよし、焼いてもよしの万能野菜「大根」比較的長持ちする野菜ですがより新鮮さを保つ方法を知って毎日の料理に役立てましょう!◆立てて保存がベスト野菜は畑で育つ姿と同じように保存するのが長持ちさせる秘訣です。大根は土の中で縦に育っていくので冷蔵庫でも常温でも立てて保存するのがベスト!カットした大根もなるべく上下を意識して保存しましょう。>>合わせて読みたい!<<健康・美容に効果が高い大根の栄...

和洋中問わず使い道の多いキャベツ、甘みとシャキっとした食感が魅力の葉物野菜です。キャベツに適した保存方法をしっかりと知りできるだけ長く美味しさを保ちましょう!◆保存のカギは“乾燥防止”キャベツや白菜などの葉物はちょっと油断すると冷蔵庫の中で萎びてしまい悲しい姿になってしまいます。そうならないためには乾燥防止がカギとなります。丸ごと・カットものどちらの場合もビニール袋やラップで水分が蒸発しないように...

瑞々しく淡白な味わいのなすは和洋中どんな味付けとも相性抜群で重宝する夏野菜です。家庭菜園などでも比較的簡単に収穫できますが正しい保存方法をご存知ですか?鮮度をより長持ちさせるための方法を知り美味しくいただきましょう。◆保存のカギは“冷やし過ぎないこと”茄子の旬は6〜9月と暑い季節のため低温が苦手な野菜です。5℃以下の低温で長期間保存すると皮が固くなってしまうので注意しましょう。茄子の保存に適した温...

サラダに欠かせない食材と言えばきゅうりですね。瑞々しいパリッとした食感が最大の魅力です。さらに洗って切るだけと調理も手軽で子どものおやつやお父さんのおつまみとしても重宝します。つい買いすぎてしまった時のために正しい保存方法を覚えておきましょう!◆きゅうりは“冷やしすぎ厳禁”今では一年中手に入るきゅうりですが本来の旬は夏のため低温が苦手です。冷やし過ぎると低温障害を起こし種の周りが茶色く変色したり、...

鮮やかな緑色が料理に彩りを与えてくれるピーマン。子どもが苦手な野菜の代表ですが保存方法によっては甘くなって美味しく食べられるようになるとか!?早速ピーマンの保存方法をチェックしてみましょう!◆保存のカギは“エチレンガス”エチレンガスとは野菜や果物の熟成を促進させる成分です。ピーマンはこのエチレンガスを出しています。そのためまとめて袋に入れて保存したり、冷蔵庫にそのまま入れておくとピーマン自身や他の...

安くて料理のカサ増しにもなり節約料理には欠かせないもやしですが、日持ちしないのが難点です。消費期限が記載されている場合は製造から3日程度のものが多く、安いからと大量に買うと使い切れずに腐らせてしまう…なんて事態になりかねません。そんなもやしですが保存方法をちょっと工夫するだけでグンと保存期間を延ばすことができます!優秀食材であるもやしをさらに活用するためにぜひ覚えておきましょう。◆保存のカギは“水...

世界中を見渡しても食用としているのが珍しい「ごぼう」シャキシャキとした食感と独特の風味が特徴で、日本人にはなじみのある食材ですね。煮物や炊き込みごはんに加えると独特の風味がいい仕事をしてくれます!そんなごぼうの上手な保存方法をご紹介していきます。◆保存のカギは“土付き”スーパーなどでは収穫したままの“土付きごぼう”ときれいに洗った“洗いごぼう”が売られています。調理の手間を考えると洗いごぼうの方が...

すりおろしたり千切りにして食べると美味しい山芋。じゃがいもなどと同様に比較的日持ちのする野菜です。知っているようで知らない正しい保存方法をおさらいしてみましょう。◆実は長期保存が可能な山芋少し意外かもしれませんが、やまいもはしっかりと保存していれば1〜3ヶ月程度日持ちする野菜です。カットしていない状態で冷暗所や野菜室で保存しておくと長持ちします。お店でおがくずの中に入ったやまいもを見たことがありま...

緑黄色野菜の代表格ともいえる存在の『トマト』普段はどのように保存していますか?『トマト』は、全体の90%近くが水分でできていることや、全体を覆う表皮が余り固くない事から、繊細なイメージがあります。出来るだけ瑞々しいまま、風味や味を損なわないように保存する方法について、ご紹介してみましょう。■トマトの上手な常温保存方法は?水分量の多いトマトが最も嫌うのは『乾燥』です。そのため本来なら、追熟させないの...

トマトを食べるとしたら、どんな調理法がお好みですか?サラダにシチュー、スープにパスタ、煮込み料理にジュースや料理に使うソースなど、その用途は幅広く万人に愛される食材です。最近は品種改良などが進み、酸味の少ない糖度の高いものも増えてきているので、食べやすさも格段にUPしていますね。そんなトマトをもっと知ってもらいたい!そこで代表的な品種や産地、美味しく食べてもらうための旬や目利きポイントについても、...

ペルシャ地方原産で、江戸時代に日本へと渡ってきたほうれん草。漢字で書くと『菠薐草』『法蓮草』『鳳蓮草』……まだまだいくつか出てきます。ヨーロッパにアジア、アメリカ……世界中で食用として愛されているほうれん草。旬の時期や、どんな種類があるのか、ご紹介してみましょう!■ほうれん草の代表的な種類・品種は?その特徴は?ほうれん草は大きく分けて2つの種類があります。中国へ渡った『東洋種』ヨーロッパへ渡った『...

dummy

葉物野菜の保存や処理は、時間が勝負!ほうれん草って冷蔵庫の中ですぐしなびてしいませんか?せっかく栄養満点のスーパー食材なほうれん草。上手に保存して、もったいない状態にしないようにしたいものです。■ほうれん草の上手な常温保存方法は?ほうれん草だけではなく、葉物野菜全般に言えるのが、乾燥が一番の天敵!なので、出来るだけ乾燥を防ぐ対策を行うのが望ましいでしょう。乾燥の次に注意したいのが温度。ほうれん草を...

dummy

黄色い美しい花を咲かせる、一年草のオクラ。その歴史は古く、古代エジプト時代まで遡ります。しかし日本で流通するようになったのは、そんなにも昔ではありません。なんと流通し始めたのは昭和50年代なんです。明治時代に異国からやってきたオクラは、市場にはあまり出回らず、沖縄などの地元だけで生産・消費されていたそうです。■オクラの代表的な種類・品種は?その特徴は?一番メジャーなオクラというと、カットするとその...

dummy

鮮やかな緑色がまぶしい、夏の緑黄色野菜『オクラ』ネバネバ効果で、滋養強壮UPや、免疫力UPさせるには、オクラが一番!では、そんなオクラを美味しく食べるためには、どのような保存方法が良いのでしょう?常温・冷蔵・冷凍、どの保存方法が良いのか、検証してみましょう。■オクラの上手な常温保存方法は?オクラは実は鮮度が落ちるのが大変早い食材です。鮮度が落ちると格段に風味が落ちてしまうため、出来れば購入したその...

このページの先頭へ戻る